「登録者限定! オンラインセミナー『Web会議通訳2021――通訳者のデジタル対応について――』」開催レポート

f:id:simul2019:20210913161957j:plain

サイマルでは年に数回、登録者向けセミナーを開催しています。これまで、知識強化のための監査セミナーや業務効率を上げるためのiPadセミナーなど、様々なテーマで開催してきました。今回は、通訳者の皆さまから好評でリクエストも多かった「リモート通訳」の第二弾セミナーについて、担当者がレポートします。

リモート通訳への関心の高さ

コロナ禍において、リモート・オンラインでの通訳業務が急速に浸透・定着しました。アフターコロナでも、この流れはある程度続いていくと言われています。そんなリモート通訳ですが、より便利な方法や最新情報を求める声も多く聞かれ、現場では試行錯誤の日々が続いているようです。

そこで今回は、登録通訳者の皆さまに「リモート通訳の今」を共有するため、オンラインセミナーを企画しました。同テーマでのセミナー開催は2回目になりますが、前回同様、国内をはじめ、北米、アジア、欧州など世界各地から非常に多くのお申込みをいただき、このテーマへの関心の高さをあらためて実感しました。

第一部:通訳者のデジタル対応について

セミナー第一部では、IT分野の通訳も多く手がける英語会議通訳者谷山有花さんが、「通訳者がより良いリモート通訳環境を整える」ために、ご自身の知識や経験をお話くださいました。

リモート通訳の基本的なフォーマットは開始当初から大きくは変わっておらず、やっていることはだいたい同じです。では、どこで差がつくかというと、より良い音質であったり、より便利にするためのちょっとした工夫や気遣いだったりします。「最新機器や便利ガジェットが大好き」とおっしゃる谷山さんは、リモート通訳開始直後から情報を収集し、高性能のヘッドフォンマイクや、ミキサー、スイッチャー、Web上の便利サイト等、リモート通訳環境を積極的に整えていかれました。

例えば同時通訳の際、パートナーとの交代方法で便利なのが「Chronograph」というWeb上にある共有タイマーです。ブースでの同時通訳とは違い、オンライン上のパートナーとの交代は工夫を要しますが、この共有タイマーを使うと非常にスマートな交代が可能になります。セミナーでも実際にデモをして、使い方をご覧いただきました。

また、アップデートのためには通訳仲間との情報交換も欠かせないとのこと。今回のセミナーでは、谷山さんの5人の通訳仲間の皆さまに、それぞれのリモート通訳のセッティングや買ってよかった機材、感じている課題などを惜しみなく共有いただきました。また、デスク回りをより立体的に活用してスペースを確保する、思いきって椅子を処分しスタンディングスタイルにする、といったアイデアも多数紹介いただきました。参加者の皆さまには、自分に合ったスタイルや気になる機材を取り入れるよい機会になったのではないでしょうか。

谷山さんご自身も、今回の通訳仲間との情報交換にインスピレーションを受け、ご自宅のリモート通訳環境を更にアップデートされたそうです。写真で披露していただきましたが、空間をより立体的に活用し、マイクも空中にセットしYouTuberのスタジオさながらの充実ぶりでした。

谷山さんにお話しいただいた中から簡単にできるアップデートを一つご紹介します。それはLANケーブルの交換です。一見どれも同じに見えますが、規格によって回線スピードがだいぶ変わるようです。谷山さんは今回カテゴリ5から6Aのものに交換したところ、スピードテストの結果大幅に改善されたとのこと。LANケーブルも何年かに一度は見直すと良いかもしれません。


f:id:simul2019:20210913165522j:plain

講演後のQ&Aにも多数のご質問をいただき、非常に熱気あふれるセミナーとなりました

 

第二部:エージェント視点でのリモート通訳について

第二部では、サイマルの通訳事業部マネージャーが、コロナ禍での通訳業界のふり返りと、今後の見通しについて講演しました。

特に「サイマルは、エージェントとして通訳サービスを利用されるお客様の窓口になり、日々、リモート通訳のスタイルについても提案を行ってきました。一口にリモート同時通訳といっても様々なパターンがあります。また、お客様の側にも社内ルールや予算、会議相手先の事情など様々なハードルがあるので、色々な選択肢を柔軟にご案内できるよう心がけています」といったエージェントならではの話は、非常に多くの方が関心を持って聴いてくださったようです。


残念ながらまだまだ長引きそうなコロナ禍ですが、通訳業界でも、引き続き変化に適応しながら、リモートならではの良い面を見出し、進化していく必要があります。

通訳者の皆さまにとってもリモート環境の整備・アップデートは今や業務の一環となりつつあります。「今あるものでどんな活用方法があるか」「どんなものがあればより便利になるのか」に想像を巡らせると、情報収集や環境整備も楽しくなるかもしれません。

サイマルでは引き続き、ご登録通訳者の皆さまにお役立ていただけるようなセミナー・ワークショップを企画していきます。ご登録がまだの方は、この機会にぜひ、ご登録をご検討ください。次回のご参加を心よりお待ちしています。


文:リソースリレーションズ課 セミナー・ワークショップ担当



 
★この記事に興味がある方には、下記の記事もおすすめです