インターネット講座でパフォーマンス力を磨く【サイマル通信】

f:id:simul2019:20200512112219j:plain

通訳・翻訳業界で働くサイマルのスタッフがお届けする「サイマル通信」。今回はサイマル・アカデミーのスタッフが、人気上昇中の「インターネット講座」について、Q&A形式でご紹介します。

インターネット講座がよくわかる6つのQ&A

こんにちは。サイマル・アカデミー(以下、アカデミー)のY.N.です。最近、「インターネット講座」への関心が高まっていて、よく講座に関するお問い合わせをいただきます。そこで今回は、特によく聞かれる質問をご紹介し、まとめてお答えしていきます。講座に興味のある方、受講を検討されている方は、ぜひご参考にしてみてください。

Q1. アカデミーの「インターネット講座」とはどんなものでしょうか

インターネットで配信されるレッスン動画を視聴するスタイルの講座です。レッスン動画は事前に収録したもので、テキストや音声ファイルなどの教材はダウンロードできるようになっていますので、申込後(受講開始後)すぐにインターネットにアクセスすれば、いつでも、どこにいても受講できます。受講期間中は、何度も繰り返しレッスン動画を視聴できます。通訳・翻訳中心のラインナップで、通学講座のエッセンスを取り入れつつ、インターネット講座用に開発したカリキュラムになっています。

Q2. どのような講座が受講できますか

講座数は受講期間が中長期(3ヶ月か6ヶ月)の講座が9本、短期(1ヶ月)が12本です。通訳・翻訳の基礎スキルを学べるものから、メディカル・ライティングなどの特定スキル または専門知識の習得に特化したもの、英語力強化や中国語まで幅広いラインナップをご用意しています。

動画を視聴するスタイルですが、ほとんどの中長期講座は学習の成果を確認できるように課題が付いています。例えば通訳講座は逐次のパフォーマンスを録音した音声ファイルを提出してもらい、講師が評価の上、評価表をお渡ししています。翻訳講座には添削課題を付けています。 

Q3. 受講生から特に評判が良いポイントを教えてください

時間や場所を選ばず受講できるからか、国内外の色々な地域の方が受講されています。日本人以外の方もいらっしゃいます。地方や海外在住の方からは、周りに通訳・翻訳を学ぶ環境がないため自己流でやってきたが、提出課題からの講師のフィードバックや評価で自身の課題やスキル向上の方法を知ることができてよかった、という声をいただきます。

講座制作において意識していたのは、可能な限りインタラクティブな要素を取り入れ、飽きずに視聴できるよう工夫することです。講師の解説やポイントをより分かりやすく伝えるために、スライドや字幕なども入れて単調な画面にならないようにしたり、視聴途中で問題を解いてもらう時間を設けたりしています。また、息抜きも兼ねて、通訳者翻訳者をゲストに招いて現場の話や自身の勉強方法などを話していただくコーナーを設けている講座もあります。リピーターの方も多いので、こうしたスタイルは好意的に受け止めていただいているのかなと思っています。より具体的に知りたい方は、サンプル動画をご覧ください。

Q4. 担当しているのはどんな講師ですか

 インターネット講座の講師は、通学制のサイマル・アカデミーで教えている講師の方を中心に担当いただいていますが、専門知識の講座は、その分野で実績豊富な方に講師をご依頼しています。

数年前に講師をやめられた小松達也先生にも「通訳のための英語表現法」という講座を担当いただきました。小松先生の授業を受けたかった!という方はぜひインターネット講座を検討ください。

翻訳講座はネイティブ翻訳者に講師をお願いしているものがあり、授業も英語でやっています。わかりやすい英語でお話ししてもらっていますので、ネイティブ翻訳者から日英翻訳を学びたい方はぜひお試しください。

Q5. 「アカデミーならではのポイント」は何ですか

「日英翻訳基礎講座」「英日実務翻訳講座」「日英医薬翻訳上級」は翻訳者登録推薦制度が付いています。修了テストとして翻訳課題を提出いただき、評価が高かった方はサイマル・インターナショナルに翻訳者として紹介しています。これまで多くの方に登録いただいています。この3講座の講座詳細ページには登録された方の受講した感想や講座内容などについてのコメントを紹介しています。

f:id:simul2019:20200512110024j:plain

インターネット講座の画面より(抜粋)

Q6. 特に注目の講座やセミナーを2、3つ教えてください

インターネット講座全体で見ますと、通訳系では「基礎から始める通訳トレーニング」、翻訳系では「日英翻訳基礎講座」「英日実務翻訳講座」といった基礎スキルを包括的に学べる講座が人気があります。

通訳・翻訳訓練経験のある方や既にプロとして稼働している方には、スキルにフォーカスしたものや専門知識系が人気です。例えば、医薬翻訳の「日英医薬翻訳上級」「英語ネイティブ翻訳者が教えるメディカル・ライティングセミナー」「医療・医薬翻訳者のためのGlobal Englishセミナー」は3講座全て受講される方も少なくありません。リサーチの仕方、グローバルに通用する英訳、ネイティブ翻訳者ならではのアドバイスなど医薬翻訳の知識やライティングスキルを様々な角度から学べるからではないかと思います。

通訳ですと「通訳のためのノート・テイキング」は短期講座の中で常にトップの人気を誇る講座です。受講者の中にはサイマルで通訳者として活躍されている方もいます。ノート・テイキングが基礎スキルであると同時に、逐次通訳のパフォーマンスの質に大きく影響すると皆さん実感されているのが人気の理由ではないかと思います。他には「医薬通訳セミナー」や「IR通訳セミナー - 会社訪問の準備と実践 -」なども専門知識を学べるのでコンスタントに需要があります。


さて、いかがでしたか。講座についてさらに詳しく知りたい方は、ぜひ公式サイトをご覧ください。

なお、サイマル・アカデミーではプロ通訳者翻訳者向けに「実践ワークショップ」を実施しています。対面授業で行ってきましたが、その中の1つ「GMP査察通訳セミナー」をオンラインで配信を始めました。

今は多くの方にとって大変な時期ですが、インターネット講座やオンライン講座が、Stay Homeが終わった後に前よりも高いパフォーマンスを発揮いただく一助になればうれしいです。



★講座についてさらに詳しく知りたい方は下記をご確認ください

★講座ラインナップとサンプル動画は下記でごご覧いただけます


サイマルアカデミー Y.N.