TOBISでビジネス通訳のスキルを証明する!

f:id:simulhk2019:20200420154520j:plain

皆さんは「TOBIS」という検定をご存じでしょうか。今回は、ビジネス通訳のスキルを証明し、通訳会社やクライアントへのアピールにも有効なこの検定について、主催団体であるCAIS(通訳技能向上センター)の木村さんにお話を伺いました。

こんにちは。CAIS(通訳技能向上センター)の木村です。本日は、当センターが主催する「TOBIS(ビジネス通訳検定)」の概要や、受験のメリット等についてお話しします。

CAISとは?

まずTOBISについてお話しする前に、検定を主催する「CAIS(通訳技能向上センター)」について簡単に説明したいと思います。

CAISは、通訳技能向上センターの英語名である「Center for the Advancement of Interpreting Skills」の頭文字を取った名称で、「カイス」と読みます。2004年、通訳者や通訳を学習中の方のスキルアップを通じて社会貢献することを目的に、サイマル・インターナショナルが設立に協力したNPO法人です。初代の理事長はサイマル創設者の一人でもある小松達也さんで、設立当初から理事長を退任なさるまで、TOBISの運営に深く関わってこられました。

TOBISの概要について

ここで、本題であるTOBISについて詳しくお話ししていきます。TOBISは、ビジネス通訳検定の英語名である「Test of Business Interpreting Skills」の頭文字を取った名称で「トービス」と読みます。企業や団体等でのビジネスの現場において通訳業務(英語→日本語、日本語→英語)を行うために必要なスキルを測る試験です。2005年に第1回を実施して以来、2020年に15周年を迎えました。これまでに延べ1,500人余りの方が受験され、多くの方が通訳の現場で活躍しています。

試験内容・受験対象

逐次通訳試験と同時通訳試験の2つの試験があり、成績に応じて1級~4級を判定します。逐次通訳試験は2~4級判定試験、同時通訳試験は1級判定試験で、4級の基準に達していない場合は不合格となります。いずれの試験も実際のビジネスシーンを想定したトピックで、現場に即した実践的な通訳スキルを測ることができます

f:id:simulhk2019:20200428091807p:plain

 

判定内容

各級で判定される通訳スキルの目安は下記の通りです。

f:id:simulhk2019:20200428091309p:plain

 

開催日程

これまで、7月中旬に大阪、12月上旬に東京で実施しています。日程と会場の詳細は、試験日の約2か月前、CAISの公式ウェブサイトに掲載する受験要項をご確認ください。

f:id:simulhk2019:20200420103050j:plain

受験を検討している皆様へ

「英語力がある=通訳スキルがある」ではありません。通訳には「英語力」はもちろんですが、「聞いた内容を理解し、相手にそのメッセージをわかりやすく伝える力」「トピックの背景となるビジネス知識・時事知識」「表現力」などの様々なスキルが必要とされます。TOBISでは、これらを総合的に評価し、受験者の弱点や補強するべきポイントをフィードバックしますので、受験者は今後の学習の指針に役立てることができます。

「自分の現状の通訳スキルを客観的に判断してほしい」「弱点や足りない部分を具体的に知りたい」「よりレベルアップするための指針が欲しい」などとお考えの方に、是非一度TOBISを受験いただきたいと思います。

昨今AIの発達により、通訳も人間を必要としなくなるのではという懸念をお持ちの方も多いと思います。確かに、観光やコミュニティの現場では機械による通訳が普及していますが、専門的な話題の多いビジネスの分野でAIが人間を淘汰していくことは、少なくとも当面は不可能だと考えています。上述の通訳に必要なスキルの内、特に「聞いた内容を理解し、相手にそのメッセージをわかりやすく伝える力」は、人間だからこそ持ちうるのではないでしょうか。

TOBISを受験される方の多くは、会社員もしくは派遣社員で通訳を行う方、フリーランス通訳者、現在学校に通って通訳を学習中の方など何らかの形で通訳に携わっています。CAISは、TOBISを通じてこのような方々のスキルアップ、モチベーションアップのお役に立ち、通訳業界発展の一助になることができればと考えています。TOBISをぜひご活用いただければ幸いです。

 

試験日程などTOBISの最新情報や詳細はこちらから!


 

★CAISはこんな団体です。



 編集:「通訳・翻訳ブック」編集部