社名は大文字?【翻訳者リレーコラム】

f:id:simulmm2019:20200313182939p:plain

「大文字」か「小文字」か――。母国語が英語の方とそうでない方は、読んだときにそれぞれどのような印象を受けるのでしょうか。翻訳者の田代眞理さんが、会社名の表記を例に解説し、そこに着目する重要性についてお話しします。

今回はまずこちらの文章から。内容、というよりも見た目に注目してご覧ください。

SIMUL INTERNATIONAL, INC. was established as Japan’s first group of professional conference interpreters in 1965, when the country was entering the age of internationalization. As professionals offering the finest language services, SIMUL INTERNATIONAL has seen to the success of Japan’s international communications for several decades. 
 
Today, half a century since our establishment, SIMUL INTERNATIONAL has transformed from an interpreting company into a global communications company. In response to the diversification of client needs, SIMUL INTERNATIONAL now offers personnel dispatching, job placement, conference organizing, and language training services in addition to interpreting and translation services.

いかがでしょう。どんな印象を受けますか? 日本では、このように英語の会社名をすべて大文字で表記(「all caps(オールキャップス)」とも言います)するのをとてもよく見ます。実際私たちの仕事でも、社名はいつも大文字表記で、と指定されることがあります。
ですが、こうした社名の大文字表記、表紙や見出しなどで単独で出てくる場合は問題ないのですが、文章中にこのように出てくると(略称が社名の場合は除きます)英語としてとても不自然な見た目になります。

英語では、文章の中に大文字だけで組んだ単語が出てくると、そこだけ飛び出て見え、何か叫んだり怒鳴ったりしているような印象を読む人に与えます。また視線がそこに行きがちになることで、本来そこで伝えるべき内容が頭に入りにくくなってしまうこともあるのです。

ちなみに、サイマルはロゴでは「SIMUL」と大文字で表記していますが、本文中では「Simul」と単語の頭文字だけを大文字にしています。英語ではこれが一般的なスタイルです。

「うちの会社は定款で大文字表記と決まっているから、社名はいつでもどこでも大文字表記でないとダメ」と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、たとえば日本の有価証券報告書にあたるアメリカの年次報告書「Form 10-K」では、表紙では定款に従った表記ということで社名が大文字で書いてあっても、本文中では大文字と小文字で組んだ標準表記になっています。
英語では読みやすさを考え、出てくる場所に応じて表記を変える方が自然です。

では先ほどの英文、日本語で再現するとしたらどうなるか、試しにやってみましょう。

わが国が国際化へと向かう中、サイマル・インターナショナルは1965年、日本で初めての国際会議の通訳者グループとして発足。サイマルは「ことばの」プロフェッショナルとして、質の高いサービスを通じて皆様の国際コミュニケーション活動をサポートしてきました。

創業から半世紀、サイマル・インターナショナルはいま「通訳のサイマル」から「グローバルコミュニケーションのサイマル」へ。さまざまなお客様のニーズの広がりに対応して、通訳・翻訳・人材派遣/紹介・国際会議運営・語学研修などのサービスを提供すると同時に、常に新たなコミュニケーションサービスの可能性を追求し続けています。

いかがでしょうか。「サイマル」「サイマル」と連呼されて、ちょっとうるさく感じませんか?

会社名を目立たせたいという気持ちはわかります。でも、それはロゴや広告で十分果たせるのではないでしょうか。自分たちの伝えたいメッセージが読者にしっかり違和感なく届くには、やはり自然な見た目が一番なのです。


(注)この記事は、2014年7月に「サイマル翻訳ブログ」に掲載されたものです。

★読みやすさの重要性について解説した、田代眞理さんのこちらの記事もおすすめです。

 

f:id:simulmm2019:20191204171451j:plain


田代眞理(たしろまり)

1993年、サイマル・アカデミー日英翻訳者養成コース本科修了。1992年よりサイマル・インターナショナルのインハウス翻訳者として、日英・英日の翻訳、チェック、編集、校正に従事。フリーランスでは翻訳のほか、英文出版物の制作で得た知識をもとに、日本独特の英語表記を改善するための活動も行っている。訳書に『欧文タイポグラフィの基本』『ロゴ・ライフ:有名ロゴ100の変遷』(グラフィック社)、『図解で知る欧文フォント100』(ビー・エヌ・エヌ新社)、共著に『英文サインのデザイン:利用者に伝わりやすい英文表示とは?』(ビー・エヌ・エヌ新社)がある。