良質な翻訳を生むために――背景情報の大切さ

f:id:simul2019:20211012173645j:plain

よい翻訳を生むために必要なもの。それは「背景情報の把握」です。そしてそのためには、お客様のご協力が欠かせません。今回は、ベテラン翻訳者からお客様へのメッセージを英文、和文にてご紹介します。翻訳サービスのご依頼をされる際に、ぜひご一読ください。 

The Key to an Effective Translation

Welcome to the Simul Translation Blog! I am excited this blog has been launched because it gives Simul translators an opportunity to communicate directly with clients and offer them insight into life as a translator. This will help us work together more efficiently and create even better translations.

Let me describe, then, my life here at Simul. In addition to the core essentials of a desk and a computer, I am fortunate to have cooperative and intelligent colleagues of various nationalities as well as a room full of paper reference books and a world full of cyber materials.

Sounds pretty nice, doesn’t it? And it is. Except that what I need most to deliver an effective translation cannot be found there. What I need most is to have the inside story on the client’s workplace and mindset. And these are things only the client possesses. What is the real story behind the text on my desk? What is the underlying message the client wants to communicate and yet does not state outright in the document? In what ways does the client seek to set itself apart from the crowd? Without this information, I am at a loss as to how to shape the text to bring out the client’s true message.

Unfortunately, this kind of information cannot be found on client websites. Such websites are designed to meet the needs of stakeholders, not translators. Of course, I do my best to read between the lines of the text by using my knowledge of world and sectoral affairs and my understanding of the client’s area of specialization. There are limits, though. Particularly in the case of correspondence, it is critical that the translator know the past exchange between the two parties and the desired relationship going forward. This may very well be the most frequent issue Simul must confirm with clients. Without knowing the past exchange and future vision, it is impossible to write a persuasive document.

So this is my suggestion to clients: Imagine you have never worked at your organization or even in your field of specialization and then read over your text. If there are any sections you find unclear, touch them up. And then, before you send in the finalized text for translation, write a short e-mail stating the background and the key point you want to communicate to your reader. I guarantee this will pay dividends for you as it will enable the translator to focus on bringing out the key message you intend. What is the key to an effective translation? Background information from the client.

【和訳】良質な翻訳を生むために

サイマル翻訳ブログ(※)をご覧いただきありがとうございます。 翻訳事業部のブログが開設されたことを、サイマル翻訳者の1人としてとても嬉しく思っております。というのも、このブログのおかげで、お客さまと直接つながることができ、また翻訳者の仕事についても知っていただく機会ができたからです。これにより、今まで以上に効率的に業務に取り組めるようになり、さらに質の高い翻訳を生み出すことができるものと思います。

それでは、サイマルにある私の仕事場をご紹介します。なくてはならないものはデスクとコンピューターですが、何よりうれしいのは、国籍こそさまざまながらも協力し合える経験豊富な仲間の存在です。このほか、書棚には各種辞書や事典、専門書などの参考資料が並び、インターネットを駆使してさまざまな資料を探すこともできます。

いかがでしょう。素晴らしい環境だと思いませんか? そう、確かに素晴らしい。ただし、良質な翻訳を生み出すために一番必要なものがここにはありません。それは、お客さまの職場環境や考え方を映し出す、外からはうかがい知ることのできない「ストーリー」です。そしてそのストーリーを持っているのは、お客さまだけなのです。私のデスクに置かれた原稿の中に隠れている真のストーリーは何か。文章では明確に表現していない、お客さまが本当に伝えたいことは何か。お客さまはどんな方法で差別化を図ろうとなさっているのか。そうした問いに対する答えを知らなければ、お客さまが本当に伝えたいことを反映させた訳文を作ることはできないのです。そしてその答えは、残念ながらお客さまのウェブサイトの中に見つけることはできません。

会社のウェブサイトはステークホルダーのために作られているのであって、翻訳者のためではありません。もちろん、社会全般や各分野に関する知識やお客さまの専門分野に対する理解を駆使して、原稿の真意を読み取る努力をしますが、それには限界があります。特に書簡を翻訳する場合は難しく、これまでの2者間のやり取りや今後望まれる関係性を理解することが、翻訳者にとってとても重要になります。サイマルがお客さまと最も頻繁に確認するのがこの点かもしれません。これまでのいきさつや将来の展望が分からなければ、説得力のある文章を書くことはできないからです。

こうした点を踏まえて、私からお客さまに一つご提案させていただきたいことがあります。文章をお書きになったら、ご自分の会社や専門分野についてまったく知識がないつもりで、ご自分が書いた文章を読み返してみてください。意味が曖昧なところがあれば、書き直してください。最終版が出来あがり、翻訳をご依頼くださる際には、その文章の背景や読み手に伝えたいポイントを簡単にまとめて添えていただきたいのです。こうした情報は、翻訳者がお客さまの意図を的確に訳文に反映させるうえで、たいへん役立ちます。良質な翻訳を生むのに何より大切なもの。それは、お客さまからいただく背景情報なのです。


翻訳者 M.F.


※:この記事は2013年6月『サイマル翻訳ブログ』に掲載されたものです。


★【こちらの記事もおすすめ!】「サイマルの翻訳――これまでの歩みと今後の展望」

★【ご案内】サイマルの翻訳サービスについてはこちらから